So-net無料ブログ作成
検索選択

I'm Free [ishii]

生まれたー!寝ないで何となく作ったら、いい感じのができたぞ!歌詞の英詞も上手くはまりそうだし、あとはもう少し時間をかけて、リズム隊のアレンジと上物だね。歌詞ももう少し手直ししなきゃいけないしな。あれれれ、音楽楽しいぞ?(笑)荒削りのデモテープをどうぞよろしくお願いね。
ふぅ〜(笑)

久しぶりに。 [ishii]

たぶん昨年の暮れにアイディアが浮かんで、そのまま放置していました。
まだ、アイディアの状態ですが、最新作と言えるでしょう。
今日の今日録音してみました。ぜひ聴いてみてください。

世の中狭いね。 [ishii]

先日お姉ちゃんと実家でお昼を過ごしてる時の話。たぶん、食後にコーヒー飲んでる時だったかなぁ?
なんかおもむろにiPhoneを取り出して、ちょっと見せたいものがあるのと言ってきた。

iPhoneで何やら探しているお姉ちゃん。オレはぼんやりとそれを眺めていた。
突然、有った〜!とでかい声。何事かとオレもビックリする。
するとお姉ちゃんがこの人知ってるでしょ?と体の大きい白人さんの写真を見せてきた。
(お姉ちゃんは長年英語の先生をやってるので外人の友達は沢山いるから特別な事ではない)
オレはそこに映る白人さんを見て誰これ?の謎謎謎ゲーム?(笑)

ポカーンと彼の写真を眺めてたら、お姉ちゃんがリョウちゃん大須でこの人と会ったでしょ?
またもやポカーンと時間をかけて考える。あっ、解った!大須のセブンイレブンで有った人だ!
去年の夏頃かな?オレが買い物がてらブラブラしていてトイレに行きたくなり、大須のセブンイレブンのトイレを借りようと思い入ったら、ビール片手に並んでる陽気な白人の男性発見。オレもトイレに早く入りたかったからその後ろに並んでると、先客がなかなか出てこないから、彼はすごく困った顔をし、中で人が倒れているんじゃないかと、とても心配していた。

トイレを待つ二人の男。オレと陽気な白人さん。なんだか沈黙も変な話だから、オレからか、彼からかは、覚えていないけど話し始めた。どこから来たの?とか、今仕事何してるの?とか、トイレの中の先客遅いね〜なんて、たわいもない話をしたと思う。そして、あまりにも先客が出てこないので、心配した彼が、ついにレジに行って、トイレの中の様子が変だと伝える。たまらず定員さんが現れてトイレのドアをガンガン鳴らす。記憶は定かではないが確か先客が汚い話だが、とても長〜い大をしていたらしく、やっと出てきた。(笑)やっと順番が訪れ、オレも彼も用を足しセブンイレブンを後にした。

で、ですね、名古屋も地方都市ですが、外人さんは非常に多いんですよ。(特にオレの家の近所は大学もたくさんあるし白人、黒人、アジア人がたくさん住んでいる)どうやらお姉ちゃんが先日飲み会に行った時に彼も来ていたらしく、その時に知り合って、Hey! サチコ!あなた弟いるでしょ?と言ってきたらしい。お姉ちゃんはてっきりオレの周りにいる外人さんのグループかと思い、いるけど何でみたいな話になり、そしたら、いや〜、弟さんと大須で逢ってるんだよね〜と彼が言っていたらしい。(もちろん英語での会話だが日本語にするとこんな感じかな?)オレはすっかり忘れていたが、彼は覚えていたらしく、どうやらオレが彼の仕事を聞いたら、お姉ちゃんと同じ仕事で、某大手英語スクールの先生をしているとの事で、オレのお姉ちゃんもそこの会社で先生やってるよと言ったみたいだ。

彼はイギリス人で名前は忘れたが、毎年姉が主催しているナゴヤドーム100人観戦にも来るとのこと。
いや〜、世の中狭いわとお姉ちゃん。オレも頷く。しかし、よく、オレの姉だとよくわかったなーと、オレは感心。
6/5ナゴヤドームで彼とオレは再開できるのだろうか?まあ、これも運命の巡り合わせみたいなもんですな!



正しい日曜日の過ごし方。 [ishii]

まずはじめに言わなきゃならないのが、オレが正しい日曜日の過ごし方なんて言う資格が無いことを前提に話したい。皆さん、ゴロゴロしたり、仕事のある人は仕事をし、何も無い人はお好きにどうぞ過ごしてください!(笑)

今日のオレはここ数日、何やら、遊びに、あれや、これで、忙しくしていたので、すごく睡眠をとりました。朝ごはんは玄米パン、アイスクリーム、コーヒーでしたね。(もうめちゃくちゃでしょ?)さすがに朝からアイスクリームはNGでしょ?だけど、これがなかなか良いんだよねー!(笑)

お昼は近所の実家に行き、まあ普通な食事をとる。
その後は部屋に戻り、だらだらと野球中継を見たり、PCを立ち上げてみたり、レモンティーを飲んだり、小さなキッチンの(料理は一切しない)換気扇の下でタバコを吸ってみたり、実家からかっぱらってきたキットカットをかじってみたり、友達と携帯で話してみたり、もうなんのこっちゃ...(笑)

結論から言おう!オレはこの部屋にある小さなテレビで、ドラゴンズが劇的な逆転劇をやってくれたシーンを見て、ひとり呑気にガッツポーズをし、時々退屈しながら過ごしていたと言ううわけだ。
13015579_772384212898060_3732998568169725092_n.jpg

明日からまた、学校に、仕事に、遊びに、皆さんがんばろう!
最後に九州、そして熊本がんばろう!


Ps.九州、熊本の地震については、本当に心苦しいと思うけど、ネガティブな報道や話ばかりではなく、水面下ではとてもポジティブな事も起きてる!イギリスの70s'初期パンクムーブメントから飛び出してきたバンドXTCが、ロック好きな熊本市長のTwitterに反応して、素晴らしいメッセージが来たって!この広い世界はやっぱり繋がってるんだという事に改めてオレは嬉しくなったね!
XTCのナンバーからDear God  https://www.youtube.com/watch?v=hk41Gbjljfo

昨日は。 [ishii]

昨日は朝から何かと忙しかったです。
午前中にひとつ用事を済ませてから、iPhoneやMacのわからないことを栄のApple Store勉強
その後友人と合流、ちょいとばかり話をして、おばあちやんの家に寄る。

おばあちやんが健康に良いことなどを力説する。
笑いありのゆったりした時間を過ごす。

そして、ナゴヤドームに中日VSヤクルト戦を観に行ったんだが、(フアン感謝DAYでドラゴンズのユニフォームが配られる)お昼間に友人に会った時にコンビニチケットを購入。さすがにただでもらえるユニフォーム。名古屋人は出不精と言いますが外野席全てソウルドアウト。みんな無料で貰えるなら貰いたいと同じことを考えてるみたいで、結局外野席の二倍以上もする内野席を購入。

おばあちやんの家でくつろいだ後また野暮用で栄に行く。
ナゴヤドームにたどり着く頃にはもう試合が始まっていました。
ナゴヤドームのスタンドは、その日に配られたユニフォームで、ブルー一色に染まり、試合内容も乱打戦だったが、ドラゴンズの打線が爆発し、気がつけば10-6でドラゴンズの勝ち!長い試合だったので、とりあえず疲れましたわ!

Ps.ライト側のドラゴンズ応援席に、がんばろう熊本!という横断幕が出てました。
なんだか感動したよ!現地の人は大変な思いしているのに、非力だが素晴らしいメッセージだと思った。

image.jpg

薄手のセーター。 [ishii]

春なので、何となく薄手のセーターが欲しく、先日購入。
姉に見せたら、春というより秋じゃない?と突っ込まれる。(笑)

今のうちに着ておかないと、すぐに梅雨、そして夏がやってくる。
今日は何だか忙しくなりそうだ。
写真(2016-04-22 7.46) #6.jpg

名古屋から。 [ishii]

写真(2016-04-18 11.49) 10.12.35.jpg熊本を中心に九州地震がありました。
毎日TVやSNSで随時状況が伝えられています。
オレもそれらの情報を見たり聞いたりするたびにとてもいたたまれない気持ちになります。

しかし日本中がこの現実、集団ヒステリーには是非ともならないでほしい。
名古屋も東海大地震が何時来てもおかしくないと言われています。
現地の人はオレなんかが想像しているよりとても過酷な生活を強いらげられていることでしょう。

今朝こんな新聞を買ってみました。明るい話題です。
オレは今日の日常に戻ります。

写真(2016-04-18 11.49).jpg

二人のじいちゃんと気まぐれお父さんの秘密! [ishii]

先日姉が東京にひとり遊びに行った。二泊三日の小旅行。
姉は限られた時間の中で、いろいろな人達に会いに行った。
まあ簡単に言えば遊びに行っただけなんだけど。

オレは幼い頃海外に住んでいた。その時に出会った母親の親友や、横浜はたまプラーザに住んでいた頃に知り合った、これまた母親の友人の旦那さん、そして世田谷にある、父親の実家に住んでいる父親の兄や、自分の友人などなど...。とにかく楽しく密度の濃い時間をどうやら過ごしていたらしい。もう何かあるとメールや電話がかかってきた。オレも懐かしいあの頃の人達とiPhoneというツールを通して、写真、メール、肉声、などで結ばれた。とても現代的だ。

突然だがオレは両親と兄を早く亡くしてる。
しかーし、英語のティーチャーであり、お笑い担当、英語圏からアジアまで、ムードメイカーの姉。そして名古屋の偉大なる母方のじいちゃん!(千葉県の木更津の青年が、お茶汲みからの記者へと、一世一代で、中日新聞グループの重役兼中日サービスの社長までのぼりつめた)そして、おばあちゃん!(100歳現役バリバリのわがままお姫様)あと、暖かく、優しい、親戚のおじさん達諸々がいたので、経済的な不安はなかった。もちろん傷ついたり、寂しくはあったけど、裕福だった。(しかし13歳の頃は反抗期で悪ガキで本当に手がつけられなかったと思う)(笑)

父方のじいちゃんは、広島で産まれ育ち、これまた一世一代で東京に上京し、弁護士になり、東京弁護士会の副会長までのぼりつめた。姉は小さい頃一度だけ会ったことがあるらしいが、オレが物心ついた時には亡くなっていたのでよく分からない。(ただとても優秀なじいちゃんだったみたい。)

そんな偉大なるじいちゃん達の息子と娘。要はお坊ちゃんとお嬢ちゃん(オレの母親と父親である)達の結婚に対して両親は猛反対!何故なら、ここからが、先日姉が父親のお兄さんに会い、いろいろと話を聞いてきた事柄なのだ。

まずはオレのお父さんは腹違いの妹がいたが、末っ子で、頭は良いし、オシャレだし、ルックスも良いし、全ていいとこ取りで、ふたりいる兄達は常に我慢の連続だったらしい。そんなお父さんは高校時代に突然(オレ、アメリカに行くから渡航費だけでいいから金出して!)と当時1ドル360円の時代に無理やり渡米。しかし、ここで日本では考えられないマジックがあった。お父さんは高校時代に何処で調べたのか分からないが、見ず知らずのアメリカ人達に何通もの手紙を書いていたのである。内容はというと(私はアメリカの大学に行きたいのですが、衣食住と大学費を出してください)とのことだった。こんな無茶苦茶な話がアメリカではまかりとうるのだ!それも、なんと、8通ものウエルカムの返事が来たらしい。考えてみてください、こんな見ず知らずの日本人の子供を預かってホームスティーイさせて学費も食事も全て面倒を見るなんて日本人の感覚ではほぼ無いでしょ?アメリカはいろんな人種がたくさん存在している。相変わらず一部の人達は、残念な事に偏見や人種差別も持っている。しかーし、ここが良いところで、夢のある奴はとことん受け入れ投資する。それがアメリカだ。

そして父親が選んだのは、カルフォルニア州、サンフランシスコの近郊都市、オークランドだった。そして大学はUCLA。あの広いアメリカの中でも、とてもとても優秀な大学だ。ただいまいちわからないのがUCLA大学はオークランドではなくLAにある。LAからオークランドまでは、オレも車でサンフランシスコからLAまで旅をしたから分かるんだけど結構な距離。このへんの話は姉もおじさん(お父さんの兄)もよくわからないみたい。そのホームステェーイ先の両親(ミスター&ミセスマージご夫妻)にとても可愛がられ、そこの娘さんとどうやら好い仲だったみたいで、ホームステェーイ先の両親はオレのお父さんとそこの娘さんを結婚させたかったらしい。しかし時はベトナム戦争が勃発寸前でオレのお父さんは徴兵に取られのが嫌で4年間で帰国。その後母親と出会う。この話もいやらしい話で、実はお父さんの兄がオレの母親に恋していたらしく、一緒に遊ぼうみたいなことになり(多分グループ交際みたいなものじゃないかな?)そこで母親と恋に落ちる。アメリカンナイズされていたお父さんは(側から見たら外人です)(笑)とても自由気ままで洗礼されていたので、お父さんの兄からお母さんを奪うのは簡単なことだったみたいです。

そして日本に帰国後お父さんはじいちゃんに言いました。(親父、オレ弁護士になるよ。)
お父さん方のじいちゃんは自分と一緒の職業ついてくれると、とても喜んだそうです。
しかしある日今度は母親と結婚すると言い出し、両親が猛反対。しかし思いつきと衝動的に生きていたお父さんは結婚を優先しました。両親の反対を押し切り、結婚の為に弁護士にはならずAIUという(アメリカ資本なのかな?)外資の会社に入りました。だからオレの家族は英語圏の海外生活を送ることになったのでしょう。

そして時は流れ、お父さんは30代の若さで、脳膜下出血で倒れました。オレはその時の様子はとても鮮明に覚えています。お父さんがゴルフから帰ってきた時でした。廊下でパタンという音がして、お母さんが何度もお父さんの名前を呼んでいました。とにかく何か大変な事になっているという印象でした。そしてお父さんはその数年後亡くなりました。東京の谷中の墓地にお父さんは灰になり埋められました。

そしてまた時が経ち、ここからがハイライトなんだけど、アメリカのマージ夫妻の子供、お父さんがアメリカでホームステイしていた時に恋仲にだったらしい方が、日本の新聞にお父さんを探していると掲載する。それを読んだある方がお父さんの世田谷の実家に連絡する。英文だったらしいから、お父さんの兄は全ては理解できなかったみたいだった。内容は、お父さんと是非会いたいとのことだった。感動的だったのは彼女もアメリカで弁護士をやっているそうだ。じいちゃんも弁護士、お父さんも一時弁護士になろうと志した不思議な関連性と、今まであまり興味がなかったお父さんのアメリカでの青春時代に、この歳になって初めて知りたいと思う気持ちと、知りたくない気持ちが、複雑に絡み合ったが、姉と、もしマージさん(お父さんと恋仲だった娘さん)が健在ならアメリカはカリフォルニアに会いに行こうという話になった。

オレは常に自由ってなんなのだろう?というのが生きるためのテーマである。お父さんは自由とは何かをアメリカで感じたと聞いた。現在のオレがアメリカに渡り、その風をこの体で感じる事はもしかしたら現在のオレにはとても大切なことかもしれない。何度も行ったアメリカ。今はどんな風が吹いているのだろう?実現したら新しい感動があるかもしれないです。




春。 [ishii]

突然ですが、久しぶりにブログを更新です。
花粉症に悩ませられながら日々を過ごしていまーす。(笑)

なんだか、このブログを楽しみにしている人達がいるみたいなのに
お正月から放置プレイしっぱなしですんません。

オレが最近何をしていたかというと、今更だけど人気NHK朝ドラのあまちゃんに(DVD)どハマりしていました!(笑)その後は、これも今更なんだけどドラゴンボール(DVD)や漫画宇宙兄弟などにどハマり!(笑)そして、その間にクリスマスプレゼントで友人のミヤコ&カーツ夫婦から頂いた本など読んだりしてた。まあ、とにかくどれもこれも心揺さぶられる物であり、文学、漫画、アニメ、ドラマなどのツールで、それを楽しく、時には切なく、それらをさらっと、そして時にはそれらをど直球で素晴らしく表現しているアーティスト達が世の中にはまだまだたくさんいるということに感銘した次第です。

肝心な音楽はというと、物心がついてから、ほぼ自ら全く聴かないという、オレの人生ではたぶん初めてな月日。小学校の頃わけもわからず家にあったビートルズや、古いロックンロール、映画のサントラ、日本の歌謡曲をなどを自分の部屋で聴き、そしてPunkとの出会い、(オレの進路を見つけた!オレはこういう大人に成りたいんだ!)と決めたローティーン!あの頃からオレの人生には音楽は無くてはならないものだったが、(人によっては、たった2〜3ヶ月かもしれないけど、ある意味とても長い時間とも言える)オレは自ら音楽を遮断した。しかし春を迎え、プロ野球も開幕し、楽しみがまたひとつ増えた頃、音楽もゆっくりとだがオレの耳に帰ってきたましたー!(今もこの文書を書きながら、ボ・デッドリーや、ビーチボーイズのブライアン・ウイルソンのソロ、クラッシュなどが、愛用MacBook Proのスピーカーから流れている)(笑)

プロ野球といえば名古屋は中日ドラゴンズ
もう今年に入ってから6回ほどナゴヤドームに遊びに行ってます。
オープン戦2回、公式戦なんて始まったばかりなのにもう4回も行っています。
それも6回のうち4回はひとり野球観戦。これがまた良いんだよね〜!
ひとりで野球観戦なんて寂しくない?などと思っている人、チッチッチィ、野暮だね!これが本当に楽しいんだよ!(笑)誰にも気兼ねなく、ゆっくりと自由に、時にはiPhoneでラジオや音楽聴いたり、もうサイコーなんだよね!

ひとり野球観戦といえば、ラモーンズのジョニーラモーンが、N.Yメッツかヤンキースか忘れたけど、OFFの時、野球場にひとり出かけ、その日の試合のスコアを黙々と書いてるって本で読んだ。(いやー、ジョニーラモーンはわかっているよなー!)(笑)しかし彼は不思議と七回までしか試合を観ないで帰るんだって。オレは最後までしっかりと観る。(笑)

そうそう、先日、お花見に行ってきたんだけど桜がとても綺麗だった。最初は庄内緑地公園。オレは家でのんびり野球中継を見てたので若干遅れたけれど、よくつるんでいる、Mr.J、ヨシキ、ショウタが迎えに来てくれた。その後鶴舞公園に移動する。特に夜になってからのライトアップされた夜桜は目が回りそうなほど綺麗で、今まで感じたことがないぐらいに日本に住んでて本当に良かった!なんて思った。ただ様子が変なのは一緒にいた奴がオーストラリア人とイギリス人など、半分以上が外人さん。イギリス人のダニーの誕生日サプライズも手伝って外人さんが多かったです。彼は(ダニー)とても背が高く、気さくで、(チャーリー、音楽活動やらないのフジロックだよ!)なんて、口癖のようにいつも言ってきます。(確かに2回ほどルーキーステージに出たが)(笑)オレは今はまだやる気がないと答えてます。(笑)しかし桜満開の素晴らしい日本の文化の中で飛び交うのは英語ばかり...シュールだね。(笑)でも偶然通りかかった友人(彼もイギリス人と日本人のハーフ)バーバとの遭遇。嬉しかったねー!オレは全然気がつかなかったけど、彼のほうが気づき、オレの顔を見て、Oh~久しぶり、全然変わらないじゃん!と言われ、逆にオレはバーバ老けたななんて思いながら楽しく再開。昔カラオケでバーバにポーグスの(N.Yの夢)を歌ってと言われ二人でアイルランド人気取りで合唱したのを思い出した。日本語上手くなったなんて思いながら、新しい出会いもあり、とても充実した楽しい夜を過ごした。

あっ、そうそう、当たり前だけど、やっぱり世界中どこでも話が盛り上がるのが恋愛事情。この日もひとりの日本人の女の子をめぐってのトラブル発生。日本人の男と外国人の男で、その女の子の取り合い?よく分からないけど、オーストラリア出身のカーツが和の中心になって、その女の子にいろんな人に思わせぶりしすぎ的なことを英語や日本語混じりで説明。まあ、オレは全く興味がないのでアルコールを少し飲みながら、別の友人と寝転がって、いやー気持ちいいねー、桜サイコーなんて言ってた。まあ、ドラゴンボールの悟空的に言えば(恋愛ってそれ食えるんか?オラよく分からねーぞ!)みたいな感じ。(笑)でも恋はいつまでも良いもんだなとも思うよ!

まあ、そんな感じでこれからも気が向き次第書いていきますのでよろしくね!





Random Thoughts ー心の向くままにー

Random Thoughts ー心の向くままにー

JUKE JOINT PART2